FTMの妊活~情報収集編〜

FTMの妊活

AIDを始めるにあたって

僕は元々女性の体で生まれました。
そして現在は男性として生活し、ストレート女性と結婚しています。

そんな僕たち夫婦ですが、妻の夢は“子ども”を作ること。
(妊活を始めるにあたって、ご両親の説得に4年かかった話はまた別記事で。)


でも僕には“精子”がない。
そんな僕たちが子どもを作るためには
第三者から“精子提供”をしてもらうか、里親になるしか方法はなかった。

僕たち二人が選択した道は第三者からの“精子提供”。
実際に僕たちの周りには
“精子提供”によって子どもを授かり、家族になっているFTMの先輩ファミリーが多くいた。

そういった先輩方から色々情報をもらったり
不妊治療や体外受精についての本を読みながら情報収集をひたすらに行なっていた。
その時に出会った本の紹介を少ししていこうと思う。

各リンク先から本の紹介・感想に飛ぶことができます。

ちんちんのないお父さん 川崎和真

ちんちんのないお父さん

AIDで生まれるということ

AIDでうまれるということ

大好きなあなただから、全てを話しておきたくて

大好きなあなただから、全てを話しておきたくて

FTMの妊活 読書記録
スポンサーリンク
MAKIをフォローする
この記事を書いた人
MAKI

0歳
女として産まれる
18歳
自分が何者かわからなくなる
24歳
戸籍を男性に移行
27歳
シス女性と結婚
AID 反対の両親を4年かけ説得
30歳
シリンジ法にて妊活を開始  
31歳
FTMパパになりました。

女性として生きていた時から男性そしてパパになるまでの自分の過程を綴っていきます。

MAKIをフォローする
Maki's BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました