元女子の僕が肉体改造を始めた理由。

FTMの筋トレ

こんにちは!MAKIです!!
僕は元女子で現在は男性として生活しています。
そんな僕が今回本気で肉体改造に取り組んでいます。

なぜ肉体改造に取り組んでるの?

その理由の一つとして
僕は今性別適合手術・ホルモン注射もしていて
戸籍上男性として生活する事ができていて何も不満な点はないです。


それでもやはり生活していて感じることは“男性との身体的な差”
いくらホルモン注射で筋肉がつきやすくなったとしても
生物学的に男性との体の大きさは埋められない

そういう意味では僕は男性というよりもFTMなんだなと思っています。
(あくまでも僕の話ね。)

その差を少しでも埋めたい。
それがコンプレックスにつながるのであれば、少しでも男性に近づいて堂々と胸を張れるようになりたい。

そう思ってから本格的に肉体改造をしようと決意したわけです。

そしてもう一つの真の理由は





フィジーク大会に出場してみたい!!!!!










もやし男が何を言ってるの!?

という感想が大半でしょう(笑)


初めてこの気持ちを妻に話したとき


“馬鹿じゃないの?”



と猛反対されました。
まあ、それが普通の反応ですよね。
それでも、どうしても出たいという気持ちを伝え続けました。

妻が反対する理由。

というのもいくら筋トレをしても、もやし男である僕が
筋肉隆々のメンズに敵うわけがない。
そんなカッコ悪い僕の姿を見たくないからというのが妻の理由でした。

そのため、妻が出場を許可してくれる条件として

・筋肉隆々の男性に囲まれても戦えるくらいの体を作りこむこと

つまり、僕は本大会予選に出場する前に妻主催の予選を通過しなければ
本大会の予選に出場する事ができない
のです。

妻の気持ち、ものすごくわかります。
妻にも恥をかかせないようにやってやります。
そのため僕は妻主催の予選・本大会の予選出場を目指し今頑張っているのです。

無茶なことだとわかってます。
でも、やってみたい!!!!
失敗してもいいや。
とにかく動き出します!!!!

この経験がいつか必ず自信につながると信じて

FTMの筋トレ
スポンサーリンク
MAKIをフォローする
この記事を書いた人
MAKI

0歳
女として産まれる
18歳
自分が何者かわからなくなる
24歳
戸籍を男性に移行
27歳
シス女性と結婚
AID 反対の両親を4年かけ説得
30歳
シリンジ法にて妊活を開始  
31歳
FTMパパになりました。

女性として生きていた時から男性そしてパパになるまでの自分の過程を綴っていきます。

MAKIをフォローする
Maki's BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました