FTMの高校生時代

自己紹介

初めて彼氏ができた中学時代も終わり
高校生になってもやはり好きになるのは女の子。


なぜか沖縄にはLGBT当事者の方が多く、FTMと公言している友人や先輩が多くいた。
その方々をうらやましく思って居たけど、自分がFTMだとはまだ思っていなかった。
LGBT:レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの方々のこと
FTM:Female to Male 女性から男性へ。生まれた時は女性で男性へ転換した方のこと

当時僕は親友の事を好きになってしまい、親友だから毎日一緒に過ごせることを良い事に、毎日がめちゃくちゃ幸せだった。

特にその親友との発展は特に何もなかったのだけれど、今当時を振り返って思い出話をすると
親友にも周りの友人にも僕の恋心はバレバレだったようだ笑
(それでも、なにも言わず友達でいてくれた周りの友人や親友には感謝しかない)


とりあえず大学受験が控える高校三年生まで
恋愛対象としては女の子が好きだけど
性自認については謎なまま。

特にそれについては重要視する事もなく、JK時代をかなり楽しんでいた!笑

その証拠に誰も得しないミニスカJKで日々を過ごす笑

これ僕です笑

そんなこんなで特に恋愛事情は何もない高校時代は幕を閉じる。
ただ、間違いなく言えるのは
トランスジェンダー当事者には珍しいと思うけど
完全に女性時代を恥じることなくむしろ全力で謳歌しました笑

それはそれでものすごく楽しい高校生時代でした!

→FTMの浪人生時代に続く。

自己紹介
スポンサーリンク
MAKIをフォローする
この記事を書いた人
MAKI

0歳
女として産まれる
18歳
自分が何者かわからなくなる
24歳
戸籍を男性に移行
27歳
シス女性と結婚
AID 反対の両親を4年かけ説得
30歳
シリンジ法にて妊活を開始  
31歳
FTMパパになりました。

女性として生きていた時から男性そしてパパになるまでの自分の過程を綴っていきます。

MAKIをフォローする
Maki's BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました